おすすめ投稿

リップクリームで二重まぶたにする方法


手持ちの、誰でも持っている、安価なコスメで二重まぶたにする方法があるって知ってました?

二重になりたい!っていつも鏡を見ながらため息をつく人には、どんな方法なのかすっごく気になりますよね。

二重専用のアイプチとかメザイクなんかじゃありません。

それは意外なもの、。。。リップクリームです。

毎日アイプチなんかを使って、せっせと二重にしている人、続けているうちに二重が定着するかも、って密かに期待しながら続けている人も多いんじゃないかな。

でも、注意しないと、使い続けているうちにまぶたが赤く荒れてきて、続けられなくなったりします。

アイプチをはじめとする二重化粧品を使い続けるには多少のリスクが伴うようで、自分の皮膚質と相談しながら使う必要がありそうです。

半面、毎日アイプチを使っているうちにいつの間にか二重まぶたが定着した、という人も実際にいるみたいですが。

リップクリームにはアイプチとかの二重のりのように接着成分が含まれません。

皮膚の薄い唇に使うクリームなのでまぶたに塗っても荒れることはありません。

もちろん接着成分は含まれませんので二重のりを使うよりは荒れるリスクはずっと低いです。

それでは、どのように使うのでしょうか?

リップクリームを使うタイミングは、入浴後のスキンケアの時間かあるいは寝る前です。

化粧水や乳液などを使ってお肌に潤いや栄養をたっぷり補給した後で、まぶたにリップクリームを薄く塗って下さい。

その後に二重線のクセ付けをします。

二重にしたいラインのところを細いスティックを使って癖付けをします。

このスティックには耳かきやヘアピンなど、まぶたを傷つけないように角や引っ掛かりの無い物ならなんでも利用できます。

一旦二重線を付けてから、作った二重線に力を込めるように、1~2度程度目を見開きます。

そして、そのまま静かに眠りにつきます。

これを毎日繰り返すうちに徐々に同じ位置に二重線がクセ付けをされて、そのうちに本物の二重になる、と言うわけです。

続けるうちに、朝起きて二重線がしっかり残っていればしめしめです。

その日一日ずっと二重なら、本物二重になれる日も遠くないかも。

ただ、リップクリームを使い始めるとすぐに癖がつくわけではありません。

こうなるまでには期間がかかります。

二重線が残る期間が徐々に長くなってきて、そのうちに本物二重が定着します。

二重クセ付けのコツは?

コツは、毎日同じ位置のラインでクセ付けをすること、

すぐに結果を期待しないで、あきらめずに1ヵ月以上は続けること。

あまり、幅広の二重を目指さないこと、

あと、まぶたが腫れぼったくなるような生活習慣、たとえば夜更かし、寝不足、寝すぎ、水分の摂り過ぎ、などは避けて規則正しく生活することですね。

また、急に太るとまぶたに脂肪が乗るので二重のクセ付けにはマイナスになります。

塗るとスーとするメンソール系のリップクリーム、刺激性のものや添加物の多いリップクリームは避けたほうが無難です。

最後に、一ヵ月経っても一向に変化が見られない時の決定打はこれ。

夜用の二重美容液です。

これは、アイプチと同じように使いますが、ただ肌が荒れにくい美容成分がたっぷり入っていて、寝る前に使います。

リップクリームで、ある程度クセ付けが進んでいる状態のまぶたに、最後の決定打として夜用二重美容液を使うと、数日で二重が定着してしまうことがあります。

最近は数種類の夜用二重美容液が販売されていますが、いずれも通販のみの販売です。

その中で、ティーン女子に急速に支持が拡大されているのが「ナイトアイボーテ」です。

初めはリップクリームを使い続けてみて、ある程度の期間(例えば一か月後)が経った後で、最後の決定打、切り札としてナイトアイボーテを使ってみるのもありかな。

>>ナイトアイボーテを詳しく見る<<


「リップクリームで二重」トップに戻る

リップクリームで二重、体験談|自力で二重になれました。

リップクリームで二重になれた体験談

二重まぶたには強い憧れがあるのですが、不思議と整形をする気にはなれません。

歳とともに自然に二重になる人も多いと聞きますが、若いうちにパッチリ二重にならなきゃ、意味ないようにも思えます。

私のお母さんは二重ですが、今の私の年頃の時は一重だったと聞きます。

いつの間には二重になってたと話してくれました。

そんなお母さんも二重になりたくていろいろと努力はしたようです。

その一つ、リップクリームを使ってクセ付けをする方法を教えてくれました。

ネットで検索してみると確かに、リップクリームを使う方法が記事になっていました。

そして、私も試しにやってみることに。

リップクリームは、たくさん余るし、タダに近いくらいに安いですから、ダメ元と思って気軽に始められました。

夜、寝る前に、まぶたにリップクリームを塗ってヘアピンの丸いほうを使って二重線のクセ付けをしました。

毎日同じ場所に二重ラインを作りました。

二重キープされてからそのまま静かに眠りにつきます。

二重がキープされていなくてもあまり気にせずにそのまま寝ます。

要は、二重のクセ付けを繰り返しすることが大事と思います。

これを毎日続けていたら、一ヵ月くらいで、翌日は一日中二重がキープされている日がありました。

その後は一重に戻ったり、二重になったりとフラフラしてましたが、3ヵ月経った今では本物二重になりました。

自力で整形なしで二重二なれるって、満足感が違います!

私が続けられたのは、リップクリームは皮膚に優しいので毎日続けてもまぶたが荒れなかったからだとおもいます。

【リップクリームで二重にする】詳しい方法はこちら。
【肌に優しい、荒れない二重美容液】はこちら。


「リップクリームで二重」トップページに戻る

リップクリームで二重、体験談|今では二重定着

私は長い間二重テープを使ってニセ二重を作っていたのですが面倒くさいし、お金がかかるし、あげく接着剤成分でまぶたが赤く荒れるようになりました。

でも二重への憧れは捨てることができず、いろいろ調べているうちに手持ちのコスメで二重のクセ付けをするプチプライス美容法を見つけました。

その方法は、自宅にあるリップクリームを使う方法です。

リップクリームって最後まで使う前に新しいのを買ってしまって、古いのがたくさん余ってしまうんですよね。

リップクリームは皮膚の薄い唇に使うものなので、基本、肌には優しいのです。

だからまぶたに塗っても荒れることは無いと思うので、安心して使えました。

リップクリームで二重のクセ付けをするタイミングは、入浴後のスキンケアの時間、出来れば寝る直前です。

乳液などを使ってまぶたに潤いや栄養を補給した後で、まぶたにリップクリームを薄く塗ります。

その後で二重線の癖付けをするためにヘアピンなどを使って、アイプチの方法で二重を作ります。

毎日これをしてから寝るようにすると、まぶたの二重癖付けが徐々に進みます。

ポイントは、あまり効果が出ていないと感じても根気よく続けることです。

同じ位置で二重ラインを作ることですね。

私の場合は2ヵ月間くらい続けた後、二重線が定着気味になり、その後二重になったり戻ったり、フラフラした後で、今ではほぼ完全に二重が定着しました。

【リップクリームで二重にする】詳しい方法はこちら。
【肌に優しい、荒れない二重美容液】はこちら。


「リップクリームで二重」トップページに戻る

リップクリームで二重、体験談|続けることが大事

私の二重ケア体験談です。

寝ている時に二重の癖付けをするために用いる二重専用の美容液がありますが、二重になるまでしばらく買い続けるのって結構コストがかかりますよね。

でも、わざわざ美容液を使わなくても、自宅にあるリップクリームを塗るだけで代用することができるんですよ。

リップクリームって1本使い切るまでにかなり時間がかかりますし、使いきれないままのリップクリームがどんどん増えて困っている人も多いんじゃないでしょうか。

リップクリームは皮膚が特別に薄い唇に塗るものなのでもともと皮膚には優しい性質のものなのですが、それでもなるべく低刺激で肌に優しいものにしてください。

体の中でも敏感で皮脂の分泌がない唇のケア用のコスメなので、低刺激でハチミツやホホバオイルなどの天然の潤い成分が配合されているものが多いですが、唇に塗るとスッとするメンソール系のものもありますよね。

そのようなものや添加物が多めのものは避けた方がいいです。

これを寝る前に塗って癖付けをしてヘアピンの後ろを利用して二重のクセ付けをするだけです。

これを毎日繰り返していくと、自然な二重まぶたが完成しますよ。

余ったリップクリームを無駄にすることもありませんし、アイプチや二重テープを使った時のようにまぶたがたるんだり、赤く荒れたりして逆効果になる恐れもありません。

でも、すぐに二重になれると思わないでください。

【リップクリームで二重にする】詳しい方法はこちら。
【肌に優しい、荒れない二重美容液】はこちら。


「リップクリームで二重」トップページに戻る