二重がうまくできない人にリップクリームのすすめ

私はティーンの頃は二重まぶたへのあこがれが強くて、ファイバーやアイテープで二重にしていました。

でも、不器用な私は二重がうまくできなくて、変な二重にしてバレバレの不自然な二重まぶたを思いっきり人に笑われたりと、失敗の連続でした。

今思い返すと恥ずかしくて冷や汗もんだったと思います。

アイプチも使ってましたが、使い続けるうちにまぶたが赤く荒れたこともありす。

でも、どうしても二重へのあこがれが抜けずにいろいろとネットで方法を探していたところ、リップクリームで二重のクセ付けをする方法を見つけました。

唇に使うリップクリームなので、同じように皮膚が薄いまぶたに使っても荒れることは無いと思いました。

すぐに二重にならなくてもいい、少しずつクセ付けをして行こうと、初心に戻ったような気持ちで二重のクセ付けを始めました。

リップクリームを夜の寝る前にまぶたに塗って、ヘアピンで押し上げて二重線を付けます。

二重にしたまま寝るのです。

この方法で一ヵ月くらいクセ付けをしました。

そして、うっすらと二重ラインが付いたかなと思われた時に、最後の切り札のように「ナイトアイボーテ」を使いました。

「ナイトアイボーテ」は夜用の二重アイプチです。

接着成分が入っているのでアイプチと同じですが、肌が荒れにくい成分入りです。

すると、リップクリームですでにある程度のクセ付けが出来上がっていたためか、すんなりと二重が定着しました。

ナイトアイボーテを使った翌日から数日間クッキリ自然な二重になっていました。

リップクリームにナイトアイボーテを組み合わせたこの方法を根気よく続ければ、いずれは本物の二重になれると思えました。

>>ナイトアイボーテを詳しく見る<<


寝てる間に二重【ナイトアイボーテ】トップに戻る

「リップクリームで二重」トップページに戻る