月別アーカイブ: 2018年2月

リップクリームで二重、体験談|自力で二重になれました。

リップクリームで二重になれた体験談

二重まぶたには強い憧れがあるのですが、不思議と整形をする気にはなれません。

歳とともに自然に二重になる人も多いと聞きますが、若いうちにパッチリ二重にならなきゃ、意味ないようにも思えます。

私のお母さんは二重ですが、今の私の年頃の時は一重だったと聞きます。

いつの間には二重になってたと話してくれました。

そんなお母さんも二重になりたくていろいろと努力はしたようです。

その一つ、リップクリームを使ってクセ付けをする方法を教えてくれました。

ネットで検索してみると確かに、リップクリームを使う方法が記事になっていました。

そして、私も試しにやってみることに。

リップクリームは、たくさん余るし、タダに近いくらいに安いですから、ダメ元と思って気軽に始められました。

夜、寝る前に、まぶたにリップクリームを塗ってヘアピンの丸いほうを使って二重線のクセ付けをしました。

毎日同じ場所に二重ラインを作りました。

二重キープされてからそのまま静かに眠りにつきます。

二重がキープされていなくてもあまり気にせずにそのまま寝ます。

要は、二重のクセ付けを繰り返しすることが大事と思います。

これを毎日続けていたら、一ヵ月くらいで、翌日は一日中二重がキープされている日がありました。

その後は一重に戻ったり、二重になったりとフラフラしてましたが、3ヵ月経った今では本物二重になりました。

自力で整形なしで二重二なれるって、満足感が違います!

私が続けられたのは、リップクリームは皮膚に優しいので毎日続けてもまぶたが荒れなかったからだとおもいます。

【リップクリームで二重にする】詳しい方法はこちら。
【肌に優しい、荒れない二重美容液】はこちら。


「リップクリームで二重」トップページに戻る

リップクリームで二重、体験談|今では二重定着

私は長い間二重テープを使ってニセ二重を作っていたのですが面倒くさいし、お金がかかるし、あげく接着剤成分でまぶたが赤く荒れるようになりました。

でも二重への憧れは捨てることができず、いろいろ調べているうちに手持ちのコスメで二重のクセ付けをするプチプライス美容法を見つけました。

その方法は、自宅にあるリップクリームを使う方法です。

リップクリームって最後まで使う前に新しいのを買ってしまって、古いのがたくさん余ってしまうんですよね。

リップクリームは皮膚の薄い唇に使うものなので、基本、肌には優しいのです。

だからまぶたに塗っても荒れることは無いと思うので、安心して使えました。

リップクリームで二重のクセ付けをするタイミングは、入浴後のスキンケアの時間、出来れば寝る直前です。

乳液などを使ってまぶたに潤いや栄養を補給した後で、まぶたにリップクリームを薄く塗ります。

その後で二重線の癖付けをするためにヘアピンなどを使って、アイプチの方法で二重を作ります。

毎日これをしてから寝るようにすると、まぶたの二重癖付けが徐々に進みます。

ポイントは、あまり効果が出ていないと感じても根気よく続けることです。

同じ位置で二重ラインを作ることですね。

私の場合は2ヵ月間くらい続けた後、二重線が定着気味になり、その後二重になったり戻ったり、フラフラした後で、今ではほぼ完全に二重が定着しました。

【リップクリームで二重にする】詳しい方法はこちら。
【肌に優しい、荒れない二重美容液】はこちら。


「リップクリームで二重」トップページに戻る